日々の色々-from 2004-

2004年に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーでブログを書いてきました。2018年11月はてなブログに引越し。タイトルも変えました。日本語教師もやっています。

マッチングサイト

週刊文春で、ルポライター内澤旬子さんが、「ストーカーとの700日戦争」というドキュメントを連載しています。今週号で第三回。私は普段、定期的に雑誌を購読することは無いのですが、元々内澤さんが書くものが好きということと、700日もかかったストーカーとの戦いというのに俄然興味が湧き、最初から続けて読んでいます。


内澤さんは交際していた相手に交際を断ったところ、相手がストーカー化し、警察に相談に行きました。そこでわかったのはその男の名前は偽名であることと、何かしら前科?があるらしいということ。


そしてこの男と知り合ったのは、ヤフーパートナーというマッチングサイト。ちょっとこのサイトを見てみました。「安全の仕組み」ということで、「プロフィールは全て審査済み」、「公的証明書の確認」と書かれています。


しかし、内澤さんが知り合った男性は偽名だったという事実。まあ、ネット以外のところで知り合った人だって素性がわからないこともありますから、マッチングサイトだけが危険とは言えないと思いますが、証明書の提示くらいでは絶対に安全ではないというのもまた確かなのです。

私だって独身だったら、マッチングサイトに試しに登録してみると思います(だって、どんな人が現れるかちょっと楽しみじゃないですか)。


けれどもだれの紹介でもなく、共有コミュニティも無い、全く素性のわからない人と交際するというのは、かなり危険を伴うことだというのは、認識すべきことだと改めて思いました。

この連載はどう決着がつくのか、起こっていることは危ないことですが、読む方としては楽しみな展開になっています。


事実婚・離婚・夫婦関係・不倫・別居・遺言・相続など家族のことでご相談がある方は、当事務所までご連絡ください。
メールでのお問い合わせはこちらから(メール相談1回は無料です)

有料電話相談はこちらの愛カツ電話相談から。恋愛に限らず相談できます。