行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

共働きで気をつけること

以前にも少し似たことを書いたことがありますが、共働きの夫婦で、それぞれ自分の収入を自分で管理し、共通の財布に必要経費を出す、というやり方をしている夫婦の問題についてです。

こういうやり方でやっている夫婦、もしくはこれからこういうやり方で結婚しようと思っているカップルに、是非、相手や自分自身に確認していただきたいのは、「もし私(もしくは相方)が失業したら、どうするお金?」ということについてです。

もし、相手が失業したり、収入が低くなった場合に、自分の小遣いを減らしても扶養する気持ちがありますか?と、是非互いに確認してください。

それまで、割と自由に自分のお金を使っていた人の中には、自分が自由に使えるお金が減ることをすごく嫌がる人がいます。そういう人と結婚しているって、すごく危険だと思うのです。

実際に、結婚後に病気や出産・育児で働けなくなって、でもお金をくれなくて(もしくはこちらも言い出せなくて)、自分の預金を取り崩して生活している、という話も結構あるのです。そして当然それは、離婚につながってしまいます。

だから、そうなる前に是非確認しておいてください。でも、その確認によって相手の思いやりの無さがわかり、即離婚や破談になるかもしれませんね。でも、その方が実際にそうなってしまうより数段安全だと思います。