行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

結婚するって

いよいよ、明日はクリスマス・イヴ。この日に賭けている人も多いでしょう。バブルの頃はホテルの部屋が高い方から埋まっていったという記事を目にしましたが、今はどうなのでしょうね。

最近は、婚活というのが話題のキーワードになっていますが、自分自身が恋愛のトラブルに巻き込まれたり、周りの人の不幸な結婚を目にすると、何のために結婚するのか?結婚してもいいこと無いんじゃないか?一人の方が気楽でいいんじゃないかと思う若い人は、多いはずです。


この仕事をやりながら、どうしてこの結婚は駄目になってしまったんだろう、どうしてこの人は不貞行為に走るんだろう、とよく考えます。

結婚って、基本は共同生活だから、一緒に住んでみれば、理想通りにはもちろんいきません。よく女性にありがちな男性に対する願望として「頼りがいのある人」というのがありますけど、一見そう見えても、いつでもパーフェクトに頼りがいのある人っているんでしょうか。私は、会ったこと無いですけど。

私は、心底強いのは多くの場合、女性の方だと思います。開き直った時の女性は強いっていう感じでしょうかね。

この人は頼れると思って結婚したら、実はそうじゃなかった、ということは当然あることです。頼りになる人でも、誰かに頼りたい時があるでしょう。そういう時にこそ、夫婦であることに価値があるはずだと思います。

だから、一方だけが支える夫婦は駄目でしょう。お互いの弱い所を支えあう、同じような所が弱いんだったら、二人で頑張って支えあって乗り切る。そういうことができない夫婦は、正直厳しいのではないでしょうか。

確かに精神的に強い人、弱い人、色々その強弱は人によって違います。体力があってガンガン働ける人、病気がちであまり働けない人、そういう組み合わせだってあります。夫婦間で、互いに等しく支えあう関係である必要はないです。ただ、相手の弱い所を目の当たりにした時、それが許せないと思う人は結婚するべきではないのではないかと思います。誰にでも弱いところはあります。そして、100%フィットする人なんて普通は存在しません。

助けたい、助けられたい、そういう相互関係を持てる人を是非見つけて、共に生きていくという決断をしていってほしいものだと思います。