行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

事実婚について

私は事実婚を始めて16年目です。私の周りの人たちは当然みんな知っていますので、普段、事実婚であることを意識することは皆無でした。たまに、初対面の方にその話をして、驚かれたり、羨ましがられたりすると、何だかそっちの方が驚くくらいでしたから。

ところが、3ヶ月ほど前からミクシィを始めたところ「夫婦別姓」や「事実婚」のコミュニティで、悩んでいたり、迷っていたりする多くの人がいることがわかりました。そう、16年もやっているというのは、実はかなりの古株なのです。当時を思い起こせば、「夫婦別姓」や「事実婚」なんて言葉さえ知っている人は殆どいなかったから当然なのですが、すっかりそういうことを忘れていました。

だから、私の経験がそういう悩んでいたり迷っていたりする人に役立てばと思っています。やはり、こういう悩む人を減らすには事実婚をやっている人を増やすことが大事だと思いますので。つい先だって、卒論で事実婚について書きたいという方のインタビューを受けましたが、これからもその手の申し出にはいくらでも応じるつもりでいます。(でも、事務所まで来てくださいね。)


それでは、今年はこのへんで。今年と来年は、ただの一日違いですが、私にとっては会計年の切り替わりですので、実は大きな違いでもあります。
2007年も多くは望みませんが、そこそこ良い年であればと思います。皆様も良いお年をお迎え下さい。