行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

浮気と本気

不倫と浮気は同義語だとは思いますが、浮気という言葉にはちょっと1回のみとか、何となくそうなったみたいなニュアンスを感じます。不倫の最初も、大体そんな感じのことが多いことでしょう。不倫の組み合わせとしては、既婚男性と独身女性というのが一番多いと思いますが、特に既婚男性の場合は、ちょっと浮気を楽しむというつもりの人が多いのではないでしょうか。

ある不倫の掲示板で、「浮気は男の美学」みたいなことを書いている人がいて、苦笑してしまいました。美学なんて言って済めば、世の中不倫のトラブルは起きません。男は浮気のつもりであっても、独身女性が本気になることは、よくあります。いくら「妻と別れるつもりはない。」と言われても、本気の人はそう簡単には諦めません。妻なんかより自分の方が魅力があると思っていますので、妻から奪い取ろうという気満々です。

男もこの楽しみが終わるのは嫌なので、彼女の喜びそうなことを言います。「今は離婚できないけど。」みたいな。こうして、いつかは結婚できると彼女は思ってしまうのですね。ところが、妻に浮気がばれると、一転男の態度が変わることもよくあります。元々離婚する気は無かったのですから、いざとなれば妻のところに戻ります。

これは、彼女にとっては裏切り以外の何物でもありません。それで逆上して、包丁で脅す者(「あなたを刺して私も死ぬわ。」とか)あり、相手の家に乗り込んで暴れる者あり、嫌がらせの数々をはたらく者あり。どれも本当に良くあることなのです。

妻は妻で、そんな女が腹立たしくて仕方がありませんから、慰謝料請求に打って出ます。夫はずるいので、勿論妻の味方です。一緒になって慰謝料請求する輩(夫は妻に請求される立場であっても、彼女に請求できる立場では勿論ありません。)もいます。腹立たしい限りなのですが。

まっ、不倫をする時はそういうこともよく知った上で、覚悟してその道に入っていただきたいと思います。本気になった女の恨みは大きいですから。