行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

心の支えになる人はいますか?

真剣に困った時や悩んだ時、相談できる家族や友達などが周りにいますか?結婚している人でしたら、一番に相談できる相手は本当は配偶者だと思います。しかし、その悩みが配偶者の不倫や離婚に関することだったら、そうはできません。それでは、誰に相談しましょう。親に相談すると、「別れてすぐに帰ってきなさい。」と言われてしまうかもしれない。または逆に「我慢しなさい。」と言われてしまうかもしれない。また、心配させたくないというのもある。だから、親には相談できないという人は結構います。それなら友達。でも、配偶者と共通の友達には相談できないこともあります。

また、意を決して相談したのに、「あなたも悪いのよ。」と言われてもっと傷ついてしまうこともよくあります。これを特に、強姦やセクハラなどの被害者が言われると、深刻な二次被害となります。相談する相手を選ぶのは難しいことです。前にも書きましたが、弁護士に相談しても法律的な解決が大して望めない内容だと、けんもほろろの扱いを受けることもよくあります。(昨日、今日と続けてまたそういう話を伺いました。)

こうして、誰にも相談できずに一人思い悩むと、心の病になってしまいます。誰にも話せないのは辛いですよね。やはり、何でも話せる友達がいると立ち直りも早いようです。私のところに来て、「話ができてすっきりした。」という方は多いです。初対面の私なんかに話すだけでも楽になることもあるのですから、話すという効果は大きいのです。どうぞ、良い相談相手を見つけてください。