行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

夫婦であることを続けるために

配偶者が不倫をして、大きなショックを受けた場合、よく「私たちは夫婦関係を続けられるのでしょうか」とか「やり直すことができるのでしょうか」という大変難しい質問をしばしば受けることになります。

それには勿論、できれば続けたいという意思が入っているわけですが、その続けたいという理由もまた様々です。
・配偶者のことが好きだから
・子どものためにも別れない方が良い
・別れたら経済的にやっていけない


そして続けられるために必要な条件はまず第一に「互いに真摯にやり直す意思があること」につきます。しかし、幾らそのような意思があっても心の葛藤はそう簡単には解決できません。特に不倫をした配偶者を「不潔」と感じてしまうと厳しいものがあります。「不潔だから触れたくない」、「触れられたくない」という感覚を払拭するのは簡単ではないので、こうなってしまった方は一度専門家のカウンセリングを受ける必要があると思います。

次に、不倫をした配偶者自身がなすべきことは、不倫相手と決別することです。携帯の電話番号やメールアドレスを変え、相手からの連絡が入らないようにすることは必須です。不倫をされてしまった方は、どうしても配偶者に疑いの目を持ってしまいます。「まだ連絡を取り合っているのではないか」「帰りが遅いのは相手と会っているのではないか」いつも不安に思っているのです。影で連絡を取るような、不誠実なことを続けると、信頼を取り戻すことはできません。

“本気”ではない“浮気”の不倫は、誘惑に負ける意志の弱さと、配偶者の痛みを考えない想像力の欠如からくる行為だと思います。でも、本気でやり直す気があれば立て直すことは可能です。ショックが大きいと、「もう元には戻れない」と思ってしまいがちですが、時間の経過と共に考えも変わります。すぐに結論を出さずに、夫婦で話し合いを重ねていただきたいと思います。