行政書士になってからの日々の色々

2004年に東京都小金井市に行政書士事務所を開業し、はてなダイアリーで「女性行政書士でもある武石文子の日々雑感」を書いてきました。2018年11月はてなブログに引越ししてタイトルを変えました。事実婚・離婚・不倫・遺言・相続が得意分野です。日本語教師もやっています。

不倫/浮気

久しぶりの不倫関係最高裁判決

不倫に関する裁判で久しぶりに最高裁の判決が出ました。 www.jiji.com 今のところ、不倫をされた配偶者のいる人は自分の配偶者と、配偶者の不倫相手に慰謝料請求をできることになっています。但し相手に支払い義務があるのは、不倫の事実と相手がわかってか…

千葉ロッテマリーンズを応援しているのですが。

2015年からロッテを応援しています。 昨日発売の『週刊文春』にかなり残念な記事が載っていました。 井口監督が不倫→離婚→不倫相手(18歳年下)と再婚という話。 井口監督が福岡ダイエーホークスの選手だった時代、ホークスファンの夫の影響で息子たち…

みんな話を聞いてほしい

日本語というのは、相づちが多い言語だそうです。確かに言われてみれば、お客さんの話を伺っている間、ずっと頷きながら相づちを打っている自分に気がつきます。 また、私の夫はキャリアコンサルタントで就職相談に乗る仕事をしていますが、キャリアコンサル…

慰謝料請求以外の解決方法

夫や妻に不倫をされてしまうと、「慰謝料請求」と思う方は少なくありません。 皆さん請求すればすぐにお金が取れるように思うかもしれませんが、人からお金を取るというのは実際はなかなか大変なことです。客観的で決定的な証拠があって、裁判も辞さない覚悟…

愛と恋の戦い

「愛」も「恋」も英語だとLOVE。でも、愛と恋って日本語では意味が違います。英語だときっと使い方で使い分けるのでしょうね。日本語でも好きな人に告白する「好き」と、親が子どもに言う「好き」は意味が違うけど、同じ言葉です。前者が恋で、後者が愛なの…

事実婚の不妊治療

以前は、事実婚の夫婦は不妊治療ができなかったので、仕方なくそのために婚姻届を出す方たちもいました。2014年頃から日本産科婦人科学会がルールを変更して、今はできるようになっています。また、国からの助成金制度も2016年度中にもできるというような話…

結婚相手選びは難しい

自宅の窓から見える隣りの金木犀にキジバトのつがいがせっせと小枝を運び込んでいました。巣を作って卵を産んだようです。今は、出入りは殆どありません。交代で抱卵しているのでしょうか。巣を作っている時、一回だけ電線に並んでとまっているのを見ました…

怒りをぶつけてもわかりあえない

夫の不倫がわかった妻は多くの場合、不倫相手の女性に対して謝罪を求めます。 他人の夫と肉体関係を持つというのは許されないことだと考えるからです。 そしてまた、多くの妻は不倫がわかった時に大きく動揺すると同時に相手の女性に対して憎しみを持つよう…

芸能人の不倫ですけど

仕事柄、ずっと前から気になっていたこの本を古本で手に入れて読んでみました。『女優の夜』荻野目慶子著 普段、タレント本は読まない私ですが、不倫だけではなく他にも気になっていた点があり、この本を手に取るに至っています。 当時独身だった荻野目さん…

不倫の落とし前

最近、芸能人の不倫があまりに表に出てしまっていますが、プライバシーという言葉は芸能界には無いのでしょうか。個人のプライバシーを暴いてそれを叩く、という最近の風潮には魔女狩り的な危なさを感じます。 不倫は決して良い行為ではありません。配偶者以…

謝るのは難しい

今朝、FM放送のJ−WAVEに『謝罪の作法』という本の著者・増沢隆太さんが出ていたのですが、聞いていて「そうだよね」と強く思うことがありました。曰く、「謝罪はコミュニケーション」。そうなのです。 不倫で配偶者に謝る時に、謝り方を誤ると夫婦関…

映画「海よりもまだ深く」の探偵がね〜

映画「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督)を観てきました。ネタバレありますので、ご注意下さい。 本筋については映画を観ていただくとして、ここは映画の中の小ネタです。主人公は作家崩れで、探偵事務所で働いている探偵です。別れた妻に払う養育費も滞り…

非言語的メッセージを読み取る

不倫の発覚は、前回書いた通りLINEによるというのが、最近は多いですけど、それ以外によく女性の方が仰ることでは、「何となくおかしい」というのがあります。何の証拠も無いのだけど、夫がそれまでと何かが違うというわけです。 ありきたりな言い方で言えば…

浮気しているかな、と思ったら

以前は、メールで夫や妻の浮気がばれたものですが、今は芸能人に限らずLINEでばれることは少なくありません。夫や妻が浮気しているかな?と思ったら、真っ先にするのは相手を糾弾することではなく、証拠の確保です。ちょっとでも疑っている素振りを見せると…

愛人契約

愛人というのは、本来は愛している相手の意味だと思いますが、一般的には「愛人関係」と言えば、それは深い関係の相手であって、不倫の場合もありますし、独身の人の愛人になることもあります。肉体関係があるのが普通でしょうし、その相手と結婚することは…

不倫は犯罪ではないけれど

最近、芸能人に国会議員と不倫のニュースが世間を騒がせています。本来、不倫は夫婦とその不倫相手の問題であって、世間が糾弾するべきものではないと思っていますし、世間に対して謝るものでもないと私は思っています。今日の朝日新聞に「(ニュースQ3)…

不倫相手は信じられるのか

配偶者のいる人と不倫をしている方の相談もよく受けますが、その中でしばしば私が疑問を持つのは、「不倫相手はこう言っている」という話です。曰く、「家庭内別居状態である」、「もう夫婦生活はずっと拒否されている」「子供が小さいから今は離婚できない…

不倫は決して無くならない

もうだいぶ時間が経ってしまいましたが、10月に『はじめての不倫学』の本について、さわりを読んで少し書いたことがありました。(こちら)それがようやく今日読み終わりました。既に以前に読んだところは忘れてしまっていると思いますが、そのあたりはご…

局部切断事件

弁護士が自分の事務所に勤務する女性の夫から局部をはさみで切り取られた事件は、26日に第2回公判が行われたようです。スポーツ報知の記事によれば、弁護士と女性は不倫の関係でした。この辺りは予想通りだったと思います。女性が関係を終わりにしようと…

『はじめての不倫学』

上記の本(坂爪真吾著 光文社新書)を少しだけ読み始めたのですが、ちょっとなるほどなと思ったところがあったので、メモ代わりに記載します。「不倫」についての語彙が足りないと。 故意なのか過失なのか、本気なのか遊びなのか、夫婦仲が良いのか悪いのか…

不倫をしている人が考えていること

最近は、家では普通の本を読んでも、外ではスマートフォンで電子書籍を読んでいます。何と言っても荷物が一つ減りますし、読み終わればすぐに次の本も買えますから。読むのは小説の場合、努めて恋愛物にしています。ということで、家と外とでほぼ同時に二冊…

惚れてしまったもの負け

金曜の夜に放映されるNHKの「ドキュメント72時間」という番組が好きで、毎週見ています。 ある場所に72時間密着取材をする番組です。 昨日は、茨城県の牛久観音の足元に広がる霊園でした。 お盆の3日間を密着しています。 その中で、大人数で墓参してい…

不倫がわかってどうしようと思った時

「夫や妻が不倫をしている」、とか、はっきりとはわからないけど「何か怪しい」と思った時、どうしますか? 最近では、多くの人はネットに答えを見つけようとします。 ネットには多くの人の経験談が載っています。それはそれで役に立ちます。色々な事例を知…

36年前の不倫が暴力に走らせた

夫を殴って死に至らしめた女性の判決が出ました。「36年前の不倫、介護中怒り 夫を暴行死、妻に執行猶予」 79歳の夫は、胃がんの手術後介護が必要な状態になった。夫は180センチもある大柄な人。71歳の妻は151センチ、体重約40キロ。それがい…

クラブママに対する慰謝料請求2&市議の不倫

前回書いた、妻が夫が7年間も不貞行為があったとするクラブのママに対して慰謝料請求をして棄却された件ですけど、少し誤解を持たれやすいので補足します。この判決では相手のクラブママは妻に対しては責任が無いとされたのですけど、これはあくまで水商売の…

クラブママに対する妻からの請求棄却

ある不倫の慰謝料請求訴訟について、朝日新聞に記事が出てネットでも少し話題になっていました。銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却 判決自体は去年の4月に出たもののようです。 7年間夫と肉体関係がある銀座のクラブのママに、妻が40…

男心理解度診断

という診断テストサイトがありまして、試しにやってみました。「理解できてる?男心理解度診断<女性専用>」 その結果はと言えば、『あなたは「男心を完璧にわかっています」』、というものでした!更に「きっといろいろな男性と恋愛をしてきたのでしょう。…

恋愛に契約はなじまない

恋人の浮気や「他の人を好きになったから別れよう」なとどいう裏切り行為というのは、辛いものです。 「あんなに好きだって言っていたのに」 「結婚しようって言っていたのに」etc.だからと言って、「慰謝料を請求してやる」と言い出す人はあまりいないと思…

不倫殺人事件

また、不倫が原因の殺人事件が起きてしまいました。 それも加害者(26)は、大阪府警の現職警察官。男性です。 まだ、全貌は明らかではありませんが、加害者は震災復興支援のために派遣されていた東北地方で、当時大学生の被害者(23)と出会い、交際。…

幸せな不倫って何だろう

ネットで見つけた記事です。 「「女子の本音」これであなたも幸せになれる!楽しい不倫のはじめ方」この記事が載っているmeryというサイトは、女子向けの記事を載せてタイアップサイトの広告で収入を得ているようです。この記事も占いのサイトに誘導されるよ…